〇〇を温めるだけで、美容・健康の悩みも解決!?

コラム

こんにちは!ナッシュの三島です。毎日ジメジメした日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回の話題は、夏の冷えについて。この時期悩まれている方も多いのではないでしょうか、オフィスや電車などの冷房による冷えの悩み…。

かく言う私も、いつも社内で静かなる戦い(冷房の温度戦争)を繰り広げています(小声)

また、夏はキンキンに冷えたビールやアイスクリーム、アイスコーヒーなど身体が冷たいものを欲してしまいますよね 。

冷房が効きすぎた部屋に長時間いて、冷たい飲み物・食べ物を摂取していると、実は身体の中ではとても恐ろしいことが起きているんです((((;゚Д゚))))

ズバリ!!!「腸の冷え」です ((((;゚Д゚))))

腸が冷えると、身体の中で何が起こるのでしょうか?

・免疫力の低下

体温が1℃下がると、体の免疫力は30%も低下するといわれています。さらに、腸は自律神経で動いている器官なので、急な寒暖の差(暑い屋外から冷えすぎた屋内への移動など)はストレスとなり、自律神経のバランスを乱してしまいます。そのことにより、腸内細菌の働きが阻害され、免疫細胞=白血球の働きも弱まります。

・肌荒れの原因

腸の冷えによって、血液の循環が悪くなります。そのことにより、血行不良・新陳代謝の低下が起こると、肌の透明感がなくなり、肌荒れが起こりやすくなり、くすみがちになってしまいます。

・肥満の原因

冷たいものは消化にエネルギーが必要なため、腸に負担がかかり、消化力・吸収力も低下してしまいます。そして、腸が冷え続けると、食べ物が未消化のまま吸収され、下痢・肥満の原因にもなるといわれています。

…いかがですか?腸を冷やすと悪い影響ばかり起こってしまいます。

では、腸を温めるにはどうしたらいいのでしょうか?

腸を温めて活性化させる「腸活」。運動やマッサージなど、いろいろな方法がありますが、今回は日ごろの食事のなかで気軽に取り入れることのできる「腸活」をご紹介いたします♪

温かい調理法を選ぼう!

・野菜は温野菜にする。

腸を冷やしやすい野菜でも温野菜にすることで、腸に負担をかけずに取り入れることができます。特にかぼちゃ・れんこんなどの暖かい色味・黒色の食材、寒い地域で採れる食材はおすすめです。

・常温かホットの飲み物を選ぶ。

コーヒーやジュース、ビールなどは腸を冷やしやすい飲み物です。できるだけ常温のものを取り入れるよう心がけてみましょう。

腸を温めてくれる飲み物

・ココア ・ほうじ茶 ・紅茶 ・白湯 ・ホットワイン

スパイスを取り入れよう!

・「ショウガ」

ショウガには腸を温めてくれる「ショウガオール」と「ジンゲロール」という成分が含まれていて、特に加熱した際にこれらの成分の効果が高まります。様々な料理のトッピングにショウガを取り入れてみるのもいいかもしれませんね!

いかがでしたでしょうか?

腸を冷やすことは、身体にとってマイナスなことばかりですね。逆に腸を温めると、これらが改善され、夏バテしない元気な身体を作ることができます!

日々の生活のなかで腸を上手に温め、楽しく元気に過ごしましょう♪