面倒くさいはずの糖質制限食を、自宅で簡単に実践できます。~定期購入者インタビュー vol.4

インタビュー

皆様、ご無沙汰しております。ナッシュの佐野でございます。久しぶりに定期購入者インタビューにご協力いただけることになりました。今回は、ご夫婦で「nosh-ナッシュ」をご利用頂いているという、定期購入者の大森さんです。
※なお、大森さんは「顔写真はちょっと恥ずかしいです。。」ということで、お顔を隠してのご参加でございます。

仕事が終わって帰宅すると、ご飯を作る気力がないんです。

佐野:はじめまして。いやあ!とってもスタイルがいいですね。羨ましいです!

大森さん:いえいえ、ありがとうございます。これも「nosh-ナッシュ」のお陰ですよ。

佐野:言わせちゃいましたね。笑 大森さんは、デスクワークをされているんですよね?

大森さん:はい。労務とか総務とか、バックオフィスをしていますね。

佐野:普段は何時ごろご帰宅されるんですか?

大森さん:ならすと、20:00とか・・・21:00とか?一番忙しい時は、給与計算の締めとかで、23:30くらいかな。

佐野:おお、遅いんですね。それでナッシュを?

大森さん:いえ、逆に23:30くらいになる時は、会社の近くで買い物して、早々になんぞ食べます。笑
「nosh-ナッシュ」は、基本的には普通の時間に終わる日の夕飯に食べてますねえ。元気があればご飯作るんですけど、仕事終わって今更作る気力もないじゃないですか。

佐野:ご家族の方とお食事されるんですか?

大森さん:いえ、旦那さんと暮らしているんですが、帰ってくる時間がバラバラなので、一緒にはならないんです。でも、たまに私がご飯食べてるところに帰ってきたり、向こう(夫)が先に帰ってたりとか。私がこれ(ナッシュ)温めてる間に、向こう(夫)がご飯の準備はじめたりして・・・で、気が付いたら、(ナッシュを)取られてたりとか。笑

佐野:取られる(笑)

大森さん:あああああああ~みたいな。笑

冷凍技術の進化に感動!卵焼きすら、ふわふわです。

佐野:味はどうですか?

大森さん:そう!美味しいんです。私、普段あんまり冷凍食品を食べないので、冷凍食品にこんなに色んな種類があるなんて知らなかったんですけど、温めるだけでお浸しまでできるって・・・冷凍技術の方に最初感動してました!笑「え~!現代!今って冷凍食品、こんなのできるんだ~!」って。笑

佐野:確かに、昔は冷凍食品ってチャーハンとかフライドポテトとかしかなかったですよね!

大森さん:そうなんです。お肉とか、メインの方は温めたら美味しくなるんだろうな、っていうのは想像つくんですけど、野菜って冷凍した後のやつ温めたらスカスカになるじゃないですか。そういう感じだろうな、って思ってたのに、全然美味しくて。食感に驚いてました・・・。

佐野:わかります!家で白菜とか冷凍してから、解凍して食べても、なんか違う食べ物になったりしますよね。

大森さん:あ!あと!一番驚いたやつ、卵焼き!!!卵焼きって解凍するとスポンジみたいなのになると思うじゃないですか。でも、普通にふわふわの卵焼きだった!

佐野:時代は進んでますね。継続して利用していただいている理由も、やっぱり味が気に入って頂いているからでしょうか?

大森さん:それもあるんですが、あと、めっちゃ種類多いのが良くて。1ヶ月とったらどこかでかぶってくるのかな、と思ったんっですけど、毎回違うのが…副菜も、それぞれ違うものが入ってて。

家では面倒な魚や揚げ物も、温めるだけで食べられる。低糖質なだけじゃなく、本当に便利です。

佐野:普段、食事へのこだわりはありますか?

大森さん:さすがに30歳を超えて・・・えっと、私、走ってるんですけど。

佐野:スポーツすごいできそうですもんね。

大森さん:走ってもなかなか、お肉がつくようになってしまって。夜は基本的に炭水化物を減らしたりとか、避けるようにしてました。その点、これ(「nosh-ナッシュ」)が来てくれると、これだけでお腹いっぱいになるので、めっちゃラクですね。

佐野:「nosh-ナッシュ」はダイエットにも効果的でしたか?

大森さん:そうですね、前は仕事で忙しくて、帰ったらパスタとかラーメンとか食べて、とりあえずお腹を膨らませて寝る、っていう感じだったんですけど。だいぶ食生活は改善されましたよね。
あと、たとえ料理できる日でも、魚とか揚げ物はめんどくさそうだから、家でできないんですよね。でも家で食べたい時もあるんで、そういう点もすごく助かってますね。糖質が低いだけじゃなくて、本当に便利。

佐野:冷凍庫を開けて温めるだけですからね。

大森さん:昔は頑張っておかずの作り置きとかしてたんですけど、だんだん夜は何もしたくなくなって。それこそ冷凍のうどんとか、ラーメンとか、そういうのを食べてた時期もあったんです。休日は旦那さんと外食したりするし、そうすると栄養が偏るじゃないですか。
平日を「nosh-ナッシュ」に置き換えるだけで、栄養はOKなので、いいですよね。

自分で低糖質のメニューを実現するのは無理だな~って。「nosh-ナッシュ」は絶対ラクだと思います。

佐野:誰かに「nosh-ナッシュ」をお薦めするとすれば、どんなポイントがお薦めですか?

大森さん:「気にしなくて済む」。
会社にもいるんですよ、低糖質(糖質制限)やってる子が。食べ物の裏(の表示)見ながらすごい計算してて、これは糖質がこうだから…って。
それだったら、最初っから「これだけ食べておけば栄養管理できる」ってなってれば、考えなくていいっていうのが。

佐野:栄養計算ってめんどくさいですよね!

大森さん:そうですよね!低糖質のメニューを自炊で実現しようとしたら、糖質調べて…使えるアイテムも限られるし…ってめんどくさいですよね。
しかも、食べるものをタンパク質に頼るから、結構お金もかかるし。自分でするのは無理だな~って。
その上で、味が偏らないように、飽きないように食材を回しながら、しかもそれを仕事帰りにやるって。多分無理だろうな、って思うんです。
その辺は、これ食べとけば大丈夫、ってあらかじめそれを想定されたものが用意されてるのっていうのは、絶対ラクだと思うんですよ。

佐野:是非、これからも旦那さんと続けてくださいね!

大森さん:旦那さんは、太ってるのは気にしてるんですけど、食事を制限するつもりはさらさらないみたいで。笑
旦那さんが本気でダイエットする気になったら、20食プランに変えますね!笑

佐野:笑 大森さんだけでも続けて頂けると幸いです。これからも、よろしくお願いいたします!

お仕事しながら簡単に栄養管理ができるアイテムとしてご愛用頂いている大森さん。旦那様もちょこちょこつまんで頂いているようで、是非ご家族でご継続いただけますように!

大森さん、ご協力いただきまして、ありがとうございました!

ナッシュでは、継続してご利用いただいているお客様に、インタビューを実施しております。ご興味がある方は、お気軽にカスタマーセンター(0120-947-426)までお問い合わせくださいませ。