30代を迎えた身体のケアを、圧倒的にカンタンに。~定期購入者インタビュー vol.6

インタビュー

こんにちは、ナッシュの佐野でございます。またもやお客様のご自宅にお邪魔させて頂きました!
一人暮らしとは思えないとっても立派なマンションにお住まいの神田さん。花火大会の日は窓から間近で花火が鑑賞できるそうで、羨ましい限りです。今回のインタビューは、そんなお部屋からお届けいたします!

外食とコンビニのワンパターンの食事に飽き飽き。

佐野:お仕事は何をされていますか?
神田さん:会社役員です。
佐野:それはさぞかしお忙しいことでしょう!
神田さん:うーん、そうですね。忙しいときと、落ち着いてるときとありますけど。忙しい時は忙しいですね。
佐野:普段、何時ごろ帰られるんですか?
神田さん:夜20:00台が多いですね。
佐野:そこからご飯の用意、めんどくさいですよね。わかります。ナッシュを使う前は、どういう食生活をされてたんですか?
神田さん:多分、外食と、家で食べるのが半々くらいなんですけど、家で食べる時はコンビニめしで。コンビニのお弁当はあんまり買わないんですけど、サトウのご飯と、買ってきたお惣菜。チンして食べる魚とか、レトルトの肉団子・ハンバーグとか、それに納豆と豆腐、そんな感じで。
佐野:飽きません?コンビニ。
神田さん:はい。完全に飽きました。ワンパターンで。
佐野:最寄のコンビニに新商品出たら、すぐわかりますよね。笑
神田さん:あ、陳列変わったな、とか。笑 毎日のように同じコンビニ行って。変わったもの食べたいな~、と思って一通り見てはみるんですけど、結局同じようなもの買ってしまいますよね。

一人暮らしの食事に「副菜」はなかなか用意が難しい。「nosh-ナッシュ」なら、これだけでOKです。

佐野:ナッシュをはじめたきっかけは?
神田さん:最初は知り合いに「こういうのあるよ~」っていうふうに教えてもらって、1回食べてみるか、って。冷凍でお弁当が届いて、家のレンジでチンして、お手軽におかずも用意できる。僕の場合は、パックのお米も食べるんですけど、メインのおかずと、副菜がいくつか入ってるので、これだけでご飯はOKって感じで。お手軽でいいなあ、って思って、続けてます。
佐野:お気に入りのメニューはありますか?
神田さん:すき焼きが今のところ一番のお気に入りですね。
佐野:デザートも注文されたことあります?
神田さん:デザートはまだです。
佐野:ロールケーキめっちゃ美味しくて、ロケットニュースにも取り上げて頂いたんですよ。糖質も5gとかで。
神田さん:5gは少ないですね!最近は、食べすぎるとちゃんとお腹が出るようになっちゃったんで。パンとかも大好きなんですけど、すごい糖質高いんで、ちゃんと(栄養表示を)見るようになりました。
佐野:今度是非、ご注文ください。ところで、神田さん的なナッシュのお薦めポイントはどこですか?
神田さん:えっと~、2つあって、一つは、ちゃんと主菜と副菜があることですね。コンビニでも、主菜はわりと揃えやすいんですけど、副菜が難しいんですよね、晩御飯ですら毎日家で食べるわけでもないので、副菜を揃えるのが難しくて。結局、ハンバーグだけとか、唐揚げだけとか、手を抜くとそういう風になっちゃう。ナッシュでお弁当を頼むと、副菜で野菜も入っているので、ちゃんとまともなもの食べてる、みたいな感覚で食べれる。
もうひとつは、優しい味付けで、毎日食べても・・・。スーパーのお惣菜とかって、味が濃かったりしてちょっとこう・・・毎日食べる家のごはん、って感じじゃないんですけど、ナッシュのお弁当はやさしい味付けなので、わりと毎日続けやすいんじゃないかな、って思ってます。
佐野:いいこと言うなあ~!

30を過ぎてから、なるべく身体に優しいものを選ぶようになりました。

佐野:食に対するこだわりってありますか?
神田さん:あの~、多分、ずっと太りにくい体質で、健康優良児みたいな感じで生きてるので、あんまり食事に気を遣わずに35年間生きてきたんですけど、30過ぎたくらいからやっぱり、食べすぎるとちゃんと太るし、ちょっといい加減な食生活が続くとわかりやすく肌が荒れたり、そういうふうになってきたんですよね。今までは食べたいものを食べたいだけ食べてきたんですけど、30過ぎたくらいからちょっと身体に気を遣って、野菜を採るようにしたりとか、なるべく身体に優しいものを、一人暮らしとはいえ採るように気を付けるようになりました。
佐野:皆さん30代過ぎると同じようなこと仰いますねえ。
神田さん:社会人の8割くらい同じこと考えてるんじゃないかな。笑
佐野:神田さんは、どのくらいの頻度でナッシュを使われてましたか?
神田さん:基本、平日週3くらいかな。仕事に行って帰ってきた晩御飯として使うことが多いです。手間がかからないんで、チンするだけで。家に帰るまであんまりご飯のこと考えずに帰ってきて、家についたらポイっとチンして。わりと、短い時間で準備から食べるとこまでやっちゃう。
佐野:30過ぎてから健康診断で怪しい点が見つかる人が多いと聞いていますが、どうですか?今のところ。
神田さん:血糖値とLDLコレステロールで、過去1回ずつギリギリでB判定が出たんですけど、判定が出た後にちょっと気を付ければ、その次の健康診断ではAに戻ってる、っていう感じで、2回続けて同じのがB判定っていうのはないですね。だから、年に1回の健康診断がいいアラートとして作用してる、って感じですね。
佐野:ほんとですね、健康診断を有効活用してますね。
神田さん:ネットで調べますね、「LDLコレステロール」って。これ、どうしたらいいん?って。

健康を害したら、何もできなくなっちゃう。身体のことを大切に生きていきたいですね。

スマホからスキップやメニュー変更などもラクラク。通勤やお休みの時間にナッシュのサイトをご利用いただくようです。


佐野:健康のために他にやってることってありますか?
神田さん:1日1万歩歩く、っていうのを。今、i phone 持ってるだけで、その日あるいた歩数出してくれるんで。会社に行ってても、油断したら3,000歩くらいの日もあるんですよね、会社行って帰るだけ、とか。1万歩って目標の数字としてはわかりやすいし、そんなにハードル高くなくて、ちょっと歩いたらいくんですよね、1万歩。だから、お昼休みに、ちょっと遠くまでお昼食べに行ったり、ちょっと余分に歩いたりとか、そういうのを続けて、1日1万歩っていうのをなるべく達成しよう。っていうのを毎日やってます。
佐野:今後についてどう考えていますか。
神田さん:もちろん、楽しく過ごしたいですよね。毎日多くの時間を仕事に費やしてますけど、健康でさえいれば、仕事も遊びも色んな選択肢があるけど、健康を害したら何にもできなくなっちゃうんで、やっぱり健康を害さない。身体のことは大切に生きていきたい。そんな感じですね。
佐野:本当ですね!健康、大事ですね!

身体の曲がり角の30代の健康に、ナッシュを活用している神田さん。末永く「nosh-ナッシュ」で仕事も遊びもバリバリ頑張ってください!
神田さん、ご協力いただきましてありがとうございました!

ナッシュでは、継続してご利用いただいているお客様に、インタビューを実施しております。ご興味がある方は、お気軽にカスタマーセンター(0120-947-426)までお問い合わせくださいませ。
※当インタビューは2019年9月時点の情報です。