累計350万食を売り上げた「nosh-ナッシュ」がロカボをおすすめする理由を徹底分析!

コラム

皆さんこんにちは。ナッシュ広報の藤原です。

まだ6月だというのに、各地で気温が30℃を超える日も出てきていますね。薄着の季節になると自分でもどこかで目をつぶっていたお腹や二の腕の脂肪とイヤでもご対面することになり、隠すか痩せるかの選択に迫られる今日この頃。
こんなはずじゃなかったのに…と後悔する前に、そろそろ夏の準備に取り掛かります!

ダイエットといえば、最近よく耳にするのが「ロカボ」や「ロカボダイエット」。
皆さんは「ロカボ」の意味はもうご存知ですか?今さら聞けないなんて方もいるかもしれないですね。または色んな見解があり結局どれが正解なのかわからない!なんて方もいるのではないでしょうか。
管理栄養士とシェフが全メニューの栄養価を管理し、累計350万食を売り上げている「nosh-ナッシュ」が 独自にロカボについてご説明します。一緒にロカボを知って、夏に向けて一緒にダイエットを成功させましょう!

油脂もお肉もたっぷりどうぞ!これがロカボ

ロカボとは「一般社団法人 食・楽・健康協会」が推奨する「ロカボ=ゆるやかな糖質制限」のことです。極端な糖質抜きではなく、あくまで、おいしく楽しく適性糖質をとることが基本となります。
ちなみに「ローカーボ」もよく耳にしますが、低糖質を英訳した「ローカーボハイドレート」の略で学術的に極端な糖質制限のニュアンスを含んでしまうため、それと区別して「ロカボ」と呼びます。
具体的には、1食で摂取する糖質量を20〜40gが適性糖質として1日に3食摂取した場合、間食(糖質10g)も加えて、1日に摂取する糖質量を合計70g〜130gにすることを推奨しています。わかりやすく下記にまとめました。

《ロカボの適性糖質量》
◇1食あたりの糖質摂取量 = 20〜40g
◇1日の間食、おやつの糖質量 = 10g
◇1日3食+間食、おやつの糖質量 = 70〜130g

糖質は三代栄養素の「炭水化物」に含まれていて、血糖値を上げる原因になっています。
適正な糖質摂取を心がけることで血糖値の上昇を抑えることが可能になるのです。
ちなみに、現代の一般的な日本人の食生活では、1日に300gくらいの糖質を摂取しています。
ということは、ロカボの基準よりだいたい2.5倍の糖質を摂取していることになりますね。
実は、おにぎり2個と野菜ジュースだけで糖質は100gくらい になっているのです。

え、それだけの食事で?と驚きますよね。(私はめちゃくちゃ驚きました…)

仕事や勉強が忙しいと、ついついおにぎり+(プラス)栄養のバランスを考えて野菜ジュース!これで完璧!という食事をしいていませんか?
知らない内に大量の糖質を摂取していることになっているのかもしれません。

血糖値が上昇すると怖いワケ

血糖値が上昇すると糖尿病にかかるリスクが高くなります。
世界的にも糖尿病の激増は深刻な問題です。日本でも20歳以上で糖尿病が強く疑われる人、もしくは糖尿病の可能性を否定できない人の推計は2050万人。そもそも日本人は遺伝的に糖尿病になりやすく、そのうえ糖質の多いご飯を中心とした食生活も糖尿病になりやすい原因として指摘できますね。かつては「贅沢病」なんて言われていた糖尿病ですが、現代人はふつうの生活をしていても糖質が高くなりがちなため、太っていない人でも、若年層でも、誰もが糖尿病になる危険性があるのです。

では、糖質の摂取量の大切さを知りましたが、どのような方法で「ロカボ=ゆるやかな糖質制限」をすればいいか見ていきましょう。

どれを食べてもいい!「ロカボ」のPOINTはとても簡単

「楽しく続けたくなる」のがロカボのモットー。
無理なく日常生活に取り入れないと意味がありませんね。これまでのカロリー制限では、「どれを食べてもいい、でも全部減らしなさい」という考え方でした。
しかし、ロカボでは「どれを食べてもいい、でも工夫をしなさい」と考えます。

【食べ方のPOINT】
1. ごはんは半膳に
2. おかずはたっぷりと!お肉・お魚はどんどん食べる!
3. 甘みは、低糖質甘味料を上手に活用!

ロカボのいいところは、糖質すべてをNGとしないところです。むしろ、体のために毎食20gの糖質はしっかりと摂るべきというスタンスなのです。
どうでしょうか。ほんとうにこれでいいの?と言ってしまいたくなるくらい簡単すぎてビックリですよね。これなら今日からすぐにでも始められそうですし、食事の楽しみを奪われないのが嬉しいです!

あなたの知らない間に糖質が蓄積されているかも・・・

ところで、皆さんはスーパーやコンビニで売っている商品の「栄養成分表示」は見たことがありますか?実はここにはちょっとした落とし穴があるのです。

栄養成分表示の糖質量は「糖質」と記載されている商品も中にはあるのですが、大半の商品は「炭水化物」と記載されています。

「炭水化物」と記載されると=(イコール)「糖質」とは、なかなか結びつきません。「炭水化物」と記載されている数値が一体どれくらいの糖質量になるのかは、実はとても簡単にわかります。炭水化物のg(グラム数)を4で割る数字が、角砂糖の数になるのです。

例えば、下記は具を含めたカレーライスの表示です。
・ 炭水化物 … 105.7g

【計算方法】
105.7g÷4=26.4
角砂糖 約26.4個分(!)

全て食べると角砂糖26.4個分を摂取しているのと同じ計算になります。どうでしょう?考えると少しゾッとしませんか 。。

家で自炊するヒマがない!という方の上手なロカボ方法とは?

仕事が忙しくて家で料理する時間がない方、家族のご飯を作っているので一人の時だけはラクをしたい方、在宅ワークで毎日の献立が大変な方、「nosh-ナッシュ」なら簡単にロカボが叶いますよ。

「nosh-ナッシュ」は管理栄養士とシェフが全てのメニューにおいて栄養価を管理し、1食あたり糖質30g以下の基準を設けているため、毎食の糖質計算を自分でしなくても安心して召し上がっていただけます。
また生活習慣病の原因でもある塩分摂取の基準は2.7g以下に設定しているので、健康に不安がある方にもおすすめ!
安全で美味しく便利な食事がダイエットにも効果があるなんて、一石二鳥ですよね。私も糖質は抑えつつ、タンパク質はもりもり食べて本格的な夏に向けてダイエット頑張ります!

皆さんも「nosh-ナッシュ」をぜひ取り入れて、健康に楽しくダイエットしましょう。

【復習!】ロカボ適正糖質量

《ロカボの適性糖質量》
◇1食あたりの糖質摂取量=20〜40g
◇1日の間食、おやつの糖質量=10g
◇1日3食+間食、おやつの糖質量=70〜130g

《nosh-ナッシュの特徴》
◇糖質30以下
◇塩分2.7g以下
◇高タンパク質

【参照】
・一般社団法人 食・楽・健康協会 公式ホームページ
・「ロカボで食べるとやせていく」山田悟 2016年 幻冬舎