NOSH MAGAZINE あなたの生活に彩りをplus

その症状、夏バテかも?夏バテ対策に効果的な食べ物とメニューを紹介

HEALTH

夏

 

暑い日が続きますね。なんとなく身体がだるい、疲れが取れないなんて症状はありませんか?

その症状、夏バテかもしれません。 

夏バテとは? 

 

夏バテの症状は?

 

日本の夏は高温多湿で体調を崩しがちです。 夏バテとは、そんな夏の暑さが原因で起こる不調のことです。身体のだるさ、疲れやすいことが代表的な症状です。他にも、暑さのせいでよく眠れない、食欲がないといった症状もあります。そんな夏バテの症状への対策を紹介します。

 

 夏バテの原因は?

 

・暑くて大量の汗をかくことによる水分、ミネラル不足

・屋外と室内の温度差による自律神経の乱れ

・食欲不振による栄養不足

 

様々な要因が重なって、夏バテの症状は現れます。

 

すでに夏バテ気味の人も多いかもしれません。

 

これから紹介する予防・解消法を実践して、暑い夏を乗り切りましょう。

 

夏バテ予防・解消法 

 

こまめな水分補給を心がけよう 

 

人間の身体の約60%は水分で出来ています。 しかし、呼吸や汗、排せつによって毎日2.5Lの水分が失われてしまいます。 その対策として、厚生労働省は1日1.2Lの水分補給を推奨しています。 暑い時期には特に汗をよくかくので、こまめに水を飲むように心がけましょう。

 

また、汗と一緒にミネラルも排出されてしまいます。 ミネラルが不足すると筋肉の痛みが生じてしまうこともあるので、程よい塩分補給も忘れないようにしましょう。

 

エアコンの温度を調整しよう 

 

エアコンの効いた室内で身体を冷やしすぎたあと、暑い屋外に出ることで、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

自律神経は暑いときには汗をかき、体温を調節しています。 自律神経が乱れると、体温調節がうまくできず、夏バテの症状を引き起こしてしまいます。

 

夏バテを起こさないためには、身体を冷やしすぎないように。 エアコンの温度を少し高めにして、こまめに温度調節をしましょう。 設定温度は28℃、外気温との差は5度以内に設定するのがおすすめです。  

 

1日3食、バランスのいい食事をしよう

 

大量に汗をかくと、塩分やミネラルが不足してしまいます。 すると、内臓の働きが弱まって、食欲不振にもつながります。

 

暑いと食欲がわきませんよね。 つい、冷たいそうめんやアイスクリームなどの栄養の少ない食品を食べてしまう人も多いと思います。 その気持ちはとても分かりますが、栄養不足により夏バテになる可能性もあります。 主食、主菜、副菜をバランスよく食べることを心がけましょう。

 

食事では、主菜として肉・卵・大豆製品などのタンパク質を摂りましょう。 副菜としては、ビタミンやミネラルを含む野菜を意識して取り入れましょう。

 

夏バテ予防におすすめの食材 

 

夏バテ予防に効果的な、栄養満点の食材を5つご紹介します。

 

おすすめ食材1.トマト 

 

夏野菜には抗酸化作用のあるベータカロテンやビタミンがたっぷり!  特にトマトは「トマトが赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養が豊富に含まれています。

 

  • ベータカロテン :ビタミンAになり、抗酸化力がある
  • リコピン :紫外線から身体を守る
  • クエン酸 :胃の働きを活発にし、食欲を増進させる
  • カリウム:利尿作用により身体を冷やす

 

体内で活性酸素が増えすぎると、めまいなどの夏バテの症状を引き起こします。 抗酸化作用のあるベータカロテン、リコピンは、活性酸素を除去する働きがあるので、夏バテの解消が期待できます。

 

おすすめ食材2.ゴーヤ 

 

ゴーヤは「夏野菜の王様」と呼ばれ、夏にぴったりな栄養素を豊富に含んでいます。

 

  • ビタミンC:免疫力を高める
  • モモルデシン:胃腸の粘膜の保護、食欲の増進をする

 

ビタミンCは紫外線や暑さによるストレスで消費されてしまい、夏に不足しがちです。 ゴーヤのビタミンCは熱にも強いので、炒め物にしてもあまり減少しません。 食事にも積極的に取り入れてみましょう。

 

また、苦み成分はモモルデシンといい、胃腸の粘膜の保護をすると共に食欲増進の働きがあります。 もし、苦みが気になる場合は、薄くスライスして塩でもむと、苦みが軽減されて食べやすくなりますよ。

 

おすすめ食材3.うなぎ 

うなぎ

 

うなぎは「夏のスタミナ源」としても知られてきました。 ビタミンA、B1、B2、E、Dやカルシウム、鉄分、亜鉛、DHA、EPAなど夏バテ予防に効果的な栄養素がたくさん含まれています。 また、タンパク質も豊富です。

 

  • ビタミンA:鼻や喉の粘膜を健康に保つ
  • ビタミンB1:疲労回復に効果的
  • タンパク質:体の組織を作る

 

うなぎ100gには成人1日分のビタミンAが含まれています。 また、タンパク質は夏に消耗しやすいため、意識的に摂取しましょう。  

 

おすすめ食材4.にんにく

 

暑いと食欲不振になりがちですが、にんにくは食欲を増進させる働きがあります。 夏バテに効果的な栄養素も含まれていて、暑い夏にぜひ取り入れたい食材です。

 

  • アリシン:疲労回復に効果的

 

アリシンは疲労を回復させる働きを持つビタミンB1を活性化させます。 にんにくにもビタミンB1が含まれています。 さらに、ビタミンB1が豊富な豚肉と組み合わせて食べるのがおすすめです。  

 

おすすめ食材5.レモン 

 

暑いとさっぱりしたものが食べたくなりますね。酸味のあるレモンは暑い夏の食事や飲み物に最適です。

 

  • クエン酸:血流を改善し、疲労を回復させる

 

レモンの酸っぱさの正体はクエン酸です。 クエン酸は、血流の改善、疲労回復や新陳代謝の促進、美肌作用などの効果があります。 また、レモンにも食欲増進効果があるので、野菜やお肉にトッピングして積極的に摂取しましょう。

 

暑いと食欲不振になりがちです。 レモンなどの酸味のあるかんきつ類や、香辛料を使って食欲アップをはかりましょう!   

 

夏バテ予防におすすめのメニュー 

 

 ゴーヤチャンプルー

 

沖縄を代表する郷土料理「チャンプルー」 チャンプルーは沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味です。 ゴーヤを使った「ゴーヤチャンプルー」はゴーヤを豆腐や豚肉、たまごなどと一緒に炒めた料理です。 タンパク質も共に摂取できる、暑い夏に嬉しいメニューです。

 

うなぎのかば焼き

 

日本では昔から、暑い時期に夏バテをしないように「土用の丑の日」に「う」のつく梅干しやうどんを食べるという風習がありました。 そこからこの風習にあやかって、うなぎを食べるようになりました。

 

さらに炭火で焼いてかば焼きにすると、遠赤外線によりうまみ成分が増え、さらにおいしく食べられます。   うなぎにはたくさんの栄養素が含まれています。たまにはうなぎを食べてスタミナをつけましょう。 

 

トマトリゾット

 

リゾットは、イタリア料理の一種です。暑くて食欲のない時や疲れた時でもさらっと食べやすい食事です。 トマトをたっぷり入れてトマトリゾットにすれば、夏バテの予防・解消になります。 さらに、少しにんにくを入れれば、食欲増進・疲労回復も狙えます。

 

ナッシュのお弁当に夏バテ対策メニューが登場!

 

 

「暑いと食事を作るのも一苦労」「バランスのいいメニューは難しい」そんなあなたにはナッシュのお弁当がおすすめです。

 

ナッシュは自社のシェフと管理栄養士がメニューを開発しています。 なので手軽に栄養バランスに配慮した食事ができます。すべてのメニューが糖質30g・塩分2.5g以下で設計されていて、健康的で美味しい食事を楽しめます。

 

メニューは60種類以上の中から選ぶことができます。 毎週、3品の新しいメニューが追加されるので飽きる心配もありません。   夏バテに効果的な食材を使ったメニューも登場しています。

 

  • 完熟トマトと4種チーズのリゾット
  • にんにく醤油から揚げ
  • 牛肉と彩り野菜のトマトオイスターソース

※2022年8月4日時点の情報です

 

ナッシュのお弁当はお手軽に必要な栄養素をカバーできるだけでなく、美味しいのも特徴です。

 

完熟トマトと4種チーズのリゾットは、玉ねぎを混ぜ込んだガーリックライスを使用しています。食欲増進効果があり、うまみもたっぷりで夏にも嬉しいメニューです。

 

栄養に配慮した、美味しい食事で、このとんでもなく暑い夏を乗り切りましょう!   夏バテ対策メニューに大注目! ナッシュのお弁当の詳しい情報をぜひチェックしてみてください。

 

RANKING 人気ランキング

「不摂生な食生活でした」交通系YouTuberスーツさんインタビュー

INTERVIEW

「最近小食だったから胃が小さくなった。」これって事実なの?

HEALTH

糖質制限中は果物を食べて良い?糖質の少ない果物・多い果物などを紹介

HEALTH

働く人の強い味方! 忙しいときに頼みたい「nosh」を若手社会人が実食してみた

INTERVIEW

糖質制限ダイエット中のカロリー目安とは?糖質とカロリーの違いも解説

HEALTH