悩める女性必見!健康的なダイエットで綺麗に痩せよう

HEALTH

 

「モデルや芸能人みたいなスリムな体型に憧れる」

「久しぶりに友人に会うまでに痩せたい」

「今の自分から変わりたい」

 

様々な理由からダイエットに励む女性は多いです。あなたもそうではありませんか?

 

スリムで綺麗な女性を見ると羨ましく感じることでしょう。

事実、体重を減らしたいと考えている女性は、50%以上に上るという調査結果もあります。

 

しかし、ただ体重を減らすだけでは魅力的な女性とは言えません。体重を減らすことを目的にしてしまうと、体調を崩してしまったり、老けて見えてしまったりする危険があります。

 

スリムで魅力的な女性になるためには、健康的に痩せることが重要です。

 

本記事では、悩めるあなたのために健康的で綺麗に痩せる方法をご紹介します。

実践して、さらに魅力的な自分を手に入れましょう!

 

 

女性と男性、太り方の違いとは?

 

 

女性と男性では脂肪のつき方が異なります。

 

男性は「ビール腹」と呼ばれるように、お腹周りに脂肪がつきやすいと言われています。

一方で女性の場合は、「洋梨体型」のように、太ももやお尻などの下半身に脂肪がつきやすいのが特徴です。

 

このような女性の脂肪は皮下脂肪であり、一度ついてしまうとなかなか落ちにくいのが難点です。脂肪のつき方の差は、男女のホルモンの違いによるものだと考えられています。

 

ダイエット成功にはホルモンバランスがカギ!

 

では実際に、ホルモンがどのような働きをしているのでしょうか?

 

女性ホルモンが及ぼす影響とは?

 

 

女性が健康的に痩せるためには、女性ホルモンである「エストロゲン」がカギを握っています。

 

エストロゲンは、先ほど紹介したような皮下脂肪を増やす働きを持っています。これにより女性らしい丸みを帯びた体型になるのです。

 

しかし一方で、エストロゲンは食欲に関わる「レプチン」というホルモンの分泌を促す働きもあります。レプチンが分泌されると食欲を抑えるため、エストロゲンは肥満の抑制にも大きく影響を及ぼしていると言えます。

 

ですから、エストロゲンは女性らしく痩せるために重要なホルモンです。

 

ホルモンの影響を受ける生理周期とうまく付き合おう!

 

 

月経が始まる3〜10日前に、PMS(premenstrual syndrome:月経前症候群)と呼ばれる症状が出ることがあります。

生理前にイライラしたり、体がむくんでしまったり、食欲が出て体重が増えてしまったり。あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

これらの症状も、ホルモンバランスの影響によるものです。

 

生理前と生理中は、無理せずダイエットを行わなくても大丈夫です。

 

そして生理が終わった時が、ダイエット開始に絶好のタイミングです。やる気を出して、食事管理や運動を始めましょう。

 

そうすることで、エストロゲンの分泌を促し、痩せやすくなりますよ。

 

健康的に痩せるための食事方法5選

 

女性のあなたが健康的に痩せるために、知っておきたい食事のポイントを5つにまとめました。

 

  • 無理な食事制限はしない
  • 寝る3時間前からの食事は控える
  • イソフラボンを取り入れる
  • 食物繊維を積極的に摂る
  • たんぱく質を積極的に摂る

 

それぞれのポイントについて順番に解説します。

 

ぜひ普段の食生活で実践することをイメージしながら、チェックしてみてください。

 

1.無理な食事制限はしない

 

 

無理な食事制限は、ストレスを溜め込んでしまったり、リバウンドのリスクがあったりと、心身に大きな負担をかけてしまいます。

 

それにより、月経不順や無月経になる恐れもあります。さらに、過度な食事制限による栄養不足やエネルギー不足は、妊娠に影響を与える可能性もあるため注意が必要です。

 

適度な食事量と栄養バランスを意識しましょう。

 

2.寝る3時間前からの食事は控える

 

 

同じ食事量でも、食べる時間帯によって太りやすさが変わります。

 

人は食べ物の消化に3時間程度かかります。ですから、食後すぐに寝てしまうと、摂取した栄養がそのまま脂肪として体内に貯蔵されてしまいます。

 

寝ている間にも体内で消化が行われると、睡眠の質が下がってしまいます。日々のパフォーマンスにまで影響が出てしまうリスクもあります。

 

寝る前の食事は、短期間でのダイエットにとって大敵です。目安として、寝る3時間前からの食事は控えるようにしましょう。

 

3.イソフラボンを取り入れる

 

 

大豆に含まれている「イソフラボン」は女性ホルモン(エストロゲン)に、よく似た構造をしています。

 

ですから、イソフラボンには生理周期を安定にする働きや、肌ツヤをよくする働きがあると言われています。

 

イソフラボンは以下のような食品に含まれています。

 

  • 豆乳1パック=約50mg
  • 豆腐1丁=約70mg
  • 納豆1パック=約30mg

 

摂取量の目安は1日40〜50mgと言われています。意識して取り入れてみましょう。

ただし妊娠中や生理中は女性ホルモンの分泌が多くなります。摂りすぎには注意しましょう。

 

4.食物繊維を積極的に摂る

 

 

コンニャクやきのこ類などの食物繊維を含む食材は、低カロリーで満腹感を得やすいものが多く、ダイエットの強い味方です。

 

さらに食物繊維には、糖の吸収を遅らせ、血糖値の急な上昇を防いだり、脂質の排出を助けてくれる働きがあります。

 

その他にも、腸内環境を整えるとともに、便のかさ増しをしてスムーズな排便を促してくれます。便秘に悩む女性に嬉しい栄養素です。

 

日本人の多くは食物繊維不足といわれています。ぜひ意識して食事に取り入れてみてください。

 

5.たんぱく質を積極的に摂る

 

 

たんぱく質は、筋肉や臓器を作るもとになります。ですから、たんぱく質が不足すると、筋肉を作ったり、維持したりできなくなります。すると、基礎代謝が落ち、痩せにくい体質になってしまうのです。

 

また、髪や肌もたんぱく質からできています。綺麗な髪や肌を保つためにも意識して摂取しましょう。

 

豆類、卵、肉、魚などに含まれています。サラダチキンや、ゆで卵など、たんぱく質の豊富な食品を積極的に取り入れましょう。

 

先ほど紹介した豆乳にも、たんぱく質が含まれています。イソフラボンも摂取できるので、小腹が空いた時のジュース代わりに飲むのもおすすめです。

 

綺麗に痩せるために運動を取り入れよう

 

健康的に痩せるためには、食事管理だけではなく運動も重要です。

 

運動をすると消費カロリーが増えるため、効率的に痩せることができます。また、メリハリのある綺麗な体を作るためにも、ある程度の筋肉が必要です。

 

おすすめの運動について紹介します。毎日でなくともいいので、適度な運動を日々の生活に取り入れましょう。

 

有酸素運動

 

 

有酸素運動は体内の糖質や脂質をエネルギー源として利用します。

 

ですから、体に溜まった脂肪が燃焼され、ダイエットに効果的です。筋力トレーニングよりも筋肉への負荷が弱く、続けやすいのもポイントです。

 

有酸素運動は20分以上続けることで、脂肪燃焼効果が期待できます。

運動を始めて20分までは、血液中の脂肪分が利用されてます。それらが使い終わると、皮下脂肪がエネルギーとして利用されるようになります。

 

よって、お尻やお腹などの皮下脂肪を減らしたい場合は、20分以上を目標に有酸素運動を行いましょう。

 

ウォーキングや水泳、サイクリングなど、自身にあった運動方法を見つけて実践してください。

 

筋力トレーニング

 

 

筋力トレーニングをすると、筋肉量が増え、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると、普段の生活をしているだけで消費されるカロリーが増え、ダイエットの近道になります。

 

激しいトレーニングではなく、自宅で動画を見ながら簡単に取り組めるようなものから始めてみてはいかがでしょうか?

 

特に胸や脚、背中などの大きな筋肉を優先して鍛えると、効率よく基礎代謝を上げることができます。

 

ナッシュのお弁当が頑張るあなたの栄養管理をサポート!

 

 

健康的に綺麗に痩せたいけど栄養管理って難しそう。そんなあなたはナッシュのお弁当を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ナッシュのお弁当はすべてのメニューが糖質30g、塩分2.5g以下で設計されています。管理栄養士がメニューを開発しているので、手軽に栄養バランスに配慮した食事ができます。

 

また、HPのメニュー欄から、各メニューの栄養価を手軽に確認することができます。ですから、栄養管理が苦手な方にもおすすめです。

 

自社のシェフが監修しているので、味も美味しくメニューも60種類以上と豊富です。飽きずにダイエットを頑張ることができるはずです!

 

 

さらに、ナッシュには糖質に配慮したスイーツもあるのをご存知でしょうか?

 

食欲を抑えられない生理中のために、準備しておいてもいいかもしれません。ただし、くれぐれも食べすぎてしまわないように注意してくださいね。

 

ナッシュのお弁当の詳しい情報は、こちらからチェックしてみてください。

 

RANKING 人気ランキング

独身一人暮らしが栄養失調にならない最低限の食事ポイント3選

HEALTH

1週間やってみよう!ダイエット中におすすめの食事例とポイントを紹介

HEALTH

「最近小食だったから胃が小さくなった。」これって事実なの?

HEALTH

「不摂生な食生活でした」交通系YouTuberスーツさんインタビュー

INTERVIEW

働く人の強い味方! 忙しいときに頼みたい「nosh」を若手社会人が実食してみた

INTERVIEW